カテゴリー「歴史史跡」の記事

2018.06.17

龍馬、慎太郎遭難の地 近江屋

1867(慶応3)年11月9日(新暦)に、二条城にて将軍徳川慶喜は、政権を天皇に返上することを決め、大政奉還がなされました。

 

12月10日(新暦)、近江屋に居た坂本龍馬を中岡慎太郎が訪ねました。

 

そこへ、十津川郷士を名乗った男が龍馬を訪ねてきました。

 

対応した藤吉は後ろから切りつけられ

藤吉「ぎゃぁ!!!」

 

龍馬「ほたえなぁ!」 (土佐弁:騒ぐな)

 

刺客は階段を駆け上がり
「こなくそ!!」
(四国の方言でこの野郎)
と叫びながら龍馬に切りかかり額に一太刀・・・

 

慎太郎も切られるも援けを求めました。

龍馬は、その場で絶命。享年:33歳
慎太郎は、2日後に死亡。享年:30歳



龍馬、慎太郎&藤吉の墓は
  京都霊山護国神社墓地にあります。

近江屋、二条城地図
4_2



近江屋(醤油屋)
中京区河原町通り四条上る
4_3




25



坂本龍馬
3_2




(クリック拡大)
Photo


四条河原町交差点
左に曲がると近江屋 正面右:南座
Photo_3



二条城
8


大広間で大政奉還が決まりました
7


二の丸公園
18

「誰が犯人???」

龍馬、慎太郎暗殺者は誰かとなると色々な説があって、当時、京都の町をわがもの顔で闊歩して志士を恐怖におとしいれていた新選組も疑われていますが、通説になっているのが「見回り組(幕府の京都治安部隊) 佐々木只三郎」です。

しかし、これも確証はありません。他には、薩摩藩説(西郷隆盛)、紀州藩説(いろは丸事件)、会津藩説(松平容保)などがあります。

土佐藩説は捨てがたいです。
●「こなくそ!!」は四国の方言
●後藤象二郎などの土佐藩上士たちは、郷士の龍馬、慎太郎などの活躍をよく思っていなかった、
●土佐藩は龍馬の情報を知る立場にあった
●土佐藩邸は、近江屋の近くにあるが、助けにいってない
案外、近くの仲間と思っていた者の犯行である可能性は高いです。

2018.06.09

中岡慎太郎の寓居 菊屋

中岡慎太郎は、禁門の変に参加、そして、坂本龍馬と薩長同盟の成立に奔走し、武力による倒幕を考えていました。

1864(元治元)年12月10日(新暦)、坂本龍馬が居た近江屋を訪問中に何者かに襲撃され、龍馬は即死、慎太郎は2日間生き延び、暗殺犯について語っています。享年:30歳

 

 中岡慎太郎が住んでいた土佐藩御用達書林菊屋(書店)は、近江屋と通りを隔てた向かいにありました。

菊屋地図
4_6






菊屋跡
中京区河原町四条上る米屋町382
24


Photo3
   中岡慎太郎 碑と像





現在は抹茶館(喫茶店)になっています
4_2



四条河原町交差点左に行ったところに中岡慎太郎寓居跡の碑があります。(正面右に南座があります)
Photo_2

2018.06.06

坂本竜馬の隠家 酢屋

池田屋のすぐ近くに坂本龍馬が住んでいた場所があります。当時材木商を営んでいた「酢屋(すや)」です。

  

亡くなる少し前に、危険を感じた竜馬は、近くの「近江屋」に移りましたが、そこで襲われ亡くなりました。(享年:33歳)



酢屋地図

中京区河原町三条下る一筋目
4_4








酢屋
竜馬は2階に住んでおり、海援隊の本部もありました。
Photo


現在も子孫の方が住んでおられて創作木工芸品店を営業しておられ、2階は「ギャラリ-龍馬」となっています。
Photo_2


25_2




ここには、海援隊の隊員も住んでいました。
(クリック拡大)
Photo_3

2018.06.05

新選組と池田屋騒動

新選組が世間で認められるようになったのが池田屋騒動です。

 

1864(元治元)年6月(旧暦)、倒幕派がクーデターを起こす計画を知った新選組は三条小橋西詰北側の旅館「池田屋(長州定宿)」で密議中の長州、土佐、肥後各藩の尊王攘夷派志士約20名を、近藤勇率いる新選組10名で襲撃し、倒幕派7名を惨殺した。この事件で倒幕が1年遅れたとも言われています。

  

新選組は、1863(文久3)年に東海道53次の終点であるここ三条大橋、小橋を渡り、池田屋の前を通って壬生屯所に向かいました。それより1年数か月後にこの事件を起こしました。
(参考資料:池田屋説明板より)

 

池田屋地図
中京区三条通川原町車入
4



池田屋
21


Photo



ビルの谷間に池田屋跡、右に行ったところが三条小橋西詰
3_2




現在は新選組の雰囲気のある居酒屋です。
10



倒幕派死傷者氏名(クリック拡大)
Photo_3

2018.05.23

京都島原 角屋

角屋(すみや)は、揚屋(あげや)で客の要望で置屋から太夫、芸者を呼んで歌舞音曲を楽しんでいただく宴会場でした。また、お茶会や句会なども開かれていたようです。
建物は、大宴会用の大広間、庭、茶室があって、料理を用意する台所も備えていました。江戸・吉原遊郭は小部屋のみで、ここが大きな違いです。

角屋地図
Photo



角屋(すみや)
1641(寛永18)年の島原開設以来約370年以上続いている大宴会場です。
4


昔の風情がそのまま残っています
4_2



(クリック拡大)
2



玄関
12



刀箪笥(入るとここに刀を置きました)
10_2





大広間床の間
1


2_2


20


広間から見える松
3


(拡大クリック)
8





台所(大人数の宴会に対応できます)
11


ここで料理を並べます
14


13

25

1863年(文久3)6月、新選組の芹沢鴨が刀をふりまわしてついた刀傷と言われています。屯所に帰ったところを近藤勇等によって惨殺されました。


柱に刀傷があります
Photo_2

25_2

幕末の志士:西郷隆盛たちが密議を行った場所です。


(クリックしても拡大しません)
7327



2018.05.16

京都 島原大門

島原大門(しまばらおおもん)は、京都の花街である島原の東入口にあたる大門です。
島原は、1640(寛永17)年ころできた幕府公認の遊興の場所で、当初は東側の大門のみでしたが、1732(享保17)年に西門ができました。


島原を江戸の吉原と同じ遊郭と思われがちですが、ここは、誰でも入れて、家族みんなで食事をしたり娯楽を楽しむ場所でした。

島原大門地図
京都市下京区西新屋敷町
Photo



島原大門
4


見返り柳
遊んだ客が名残を惜しんで振り返った場所
Photo_2


島原の正式名称は西新屋敷
(クリック拡大)
Photo_3



Photo_4


島原は、明治以降衰退して今では、輪違屋と角屋と大門の3ヵ所が当時の面影を残しています。
Photo_5




輪違屋(わちがいや)
300年以上も営業を続けておられるお茶屋で、現在では、揚屋と置屋を兼ね備えておられます。入り口に「観覧謝絶」の札。未公開
Photo_6

(クリック拡大)
_edited1



きんせ旅館
元は揚屋さんでしたが現在は、1階はカフェー&バー、2階は一日一組だけの宿泊可の旅館です。
Cc4



揚屋(あげや)は、置屋から芸者などを呼んで酒宴を開いた家
置屋(おきや)は、芸者さんたちが居た場所


幕末には、志士の桂小五郎、西郷隆盛、久坂玄随など、又、新選組の近藤勇、土方歳三、芹沢鴨などが出入りしていました。




歌舞練場跡
1873(明治6)年に開設され、芸者さんたちの教育の場で、刺繍や裁縫を教えていましたが、その後内容が変わってゆき1996(平成8)年に解体されました。
Photo_7


(クリック拡大)
Photo_8


島原住吉神社
昔は、広大な敷地をもっていて、太夫、芸妓の練り歩きが行われていました。

Photo_9

(クリック拡大)
Photo_10


島原西門跡
島原は、最初は東入り口門だけでしたが、1732(享保17)年に西門ができました。
24



(クリック拡大)
Photo_2





次回は「角屋(すみや)」です

2018.05.13

新選組記念館

新選組の資料が家中にありました。相当な新選組ファンだった個人オーナーの資料館でしたが、今は閉館しておられるようです
所在地:京都市下京区壬生川

個人の家が新選組記念館になっています
4



新選組の旗
Photo



新選組の発足
文久3年3月13日壬生村に残った関東の13名は京都見回り組佐々木只三郎のとりなしで長文の嘆願書を差し出して意のあるところを守護職へ通じた。認められ、至急帰えり八木家の門に新選組宿の札をかかげる。
Photo_2


壁いっぱいに資料が貼ってあります
Photo_3



会津藩主:松平容保
京都守護職で新選組は容保の配下に入りました。
23




新選組と幕末の本
4_2


Photo_4

マンガもあります
Photo_5


女性も多く来ておられました。

今は、閉館されたようで残念です。
2015年7月に訪問した時の写真です。



1

2018.05.10

明治維新と新選組2 壬生寺

今年(2018年、平成30年)は、明治維新150年にあたります。チョットその歴史を振り返り、その激動の時期に現れた新選組について調べてみました。
今回は、「壬生寺」です。

江戸幕府最後の抵抗の一つが新選組です。幕末に現れ、幕府を倒そうとした志士たちを捕らえ倒幕の流れを食い止めようと命を張った若者たちの集団です。


新選組の歴史

1863年

2
 将軍上洛の警護のため、江戸で集められて近藤勇たちが浪士組として京入りました。

8月 八月十八日の政変の警備に出動して、その行動が評価され会津藩主松平容保から「新選組」の名を賜りました。
※八月十八日の政変 会津と薩摩が長州藩を京都から追放する

 

1864年
65 池田屋事件(長州藩士を中心にした尊王攘夷派の志士を惨殺、捕縛する)

 

1865年 
隊員が200名を超す集団になったため屯所を壬生村から西本願寺に移す。

 

1867年
 新選組、幕臣となる(農民だった近藤勇らの若者は武士になりたくて浪士組に入隊し、ついに幕府の正規隊員となりました)

11月  坂本竜馬暗殺される

 

1868年(慶応4 明治元)

1
月 鳥羽伏見の戦い

 

3 甲州勝沼の戦い(甲陽鎮撫隊)

 

4 近藤勇捕縛され、板橋刑場で処刑される

 

5 沖田総司 江戸で肺結核のため病死

 

8 政府軍 会津若松城を攻撃 白虎隊自刃

 

9 明治に改元

 

 
1869(明治2)年

 

5月函館で土方歳三戦死

 

  新選組降伏

 

  幕府軍降伏 戊辰戦争終結


壬生寺地図
4


壬生寺
新選組の武芸の鍛錬の場でした。近藤や他隊士の墓があります。
3

1



2


幕末の京都の治安を守るため新選組が結成され、主に祇園、三条通りなどの町人街、繁華街の警護をしました。京都守護職は御所、
見回り組は、二条城や官庁街を警護していたようです。




新選組隊員のお墓があります
11


2_2





(クリック拡大)
Photo_6






Photo_3


Photo_4



(クリック拡大)
Photo_7



隊長:近藤勇像
Photo_8



Photo_9


芹沢鴨  平山五郎の墓
1863年9月内部抗争で粛清される
Photo_11 


10



河合耆三郎(きさぶろう)
1866年切腹
4_2


隊員7名の墓
8_2




ああ 新選組(クリック拡大)
8_3


Photo_12




1


次回は「角屋 」です

2018.05.07

明治維新と新選組1 八木邸

今年(2018年、平成30年)は、明治維新150年にあたります。チョットその歴史を振り返り、その激動の時期に現れた新選組について調べてみました。

 明治維新はいつからか
1853年(嘉永6)年のペリーが黒船4隻を率いて浦賀に来たのが明治維新のはじまりです。

  

1854(安政元)年 
        日米和親条約を締結、下田、函館を開港

 

 尊王攘夷派の活動が活発になり

 

1858(安政5)年 
       大老;井伊直弼による「安政の大獄」がはじまる

 

 1860(万延元)年 
                 桜田門外の変で井伊大老暗殺される


1863(文久3)年 
                京都の治安維持のため新選組ができる

 

 1867(慶応3)年 大政奉還

  

1868(慶応4 明治元)年 

       鳥羽伏見の戦いで戊辰戦争がはじまる

 

 9月8日 明治に改元される

 江戸幕府最後の抵抗である戊辰戦争を終結させ、古い制度を改め近代国家に変わろうとしたのがこの年です。

1869(明治2)年 
                五稜郭陥落で新選組も幕府軍も完全敗北  

   

江戸幕府最後の抵抗の一つが新選組です。幕末に現れ、幕府を倒そうとした志士たちを捕らえ倒幕の流れを食い止めようと命を張った若者たちの集団です。

 

 

1863(文久3)年、将軍;家茂の上洛警護のために集められた浪士たち約200名は、上京して壬生村の八木邸、旧前川邸を屯所として、「壬生浪士組」結成されました。

4




八木邸
Img_8019

Img_8022

Photo


新選組発祥の地(クリック拡大)
8


八木家玄関
Img_8009


芹沢鴨が惨殺された部屋
Img_8010cc


(クリック拡大)
8_2

所在地:京都市中京区壬生梛ノ宮町24





京都鶴屋鶴寿庵
八木家は、昔からの由緒ある家で、京都守護職とも関係があって、そんなことから浪士組を受け入れたようです。今は、お菓子屋さんを経営しておられるようです。

Img_8020


入場料を払うとお茶とお菓子がついてきます。
Img_8015



旧前川邸
(八木邸東隣りに在ります)
こちらにも新選組隊士が住んでいました。
Img_8055


現在、住んでおられる方がいますので、中へは入れません。
Img_8023







次回は、新選組の歴史と壬生寺です

2017.03.08

琵琶湖 竹生島

竹生島は琵琶湖の北端近くに浮かぶ島で、周囲2キロメートル、面積0.14平方キロメートルほどの小島で、島の周囲は南東部にある船着き場を除いてほとんどが急な断崖になっている。島には宝厳寺と都久夫須麻神社の他にはみやげ物店が数軒あるだけで、信仰の島です。

現在は宝厳寺と都久夫須麻神社という「寺」と「神社」に分かれていますが、このように区別されるようになったのは、明治時代初期の神仏分離令以降のことであり、竹生島では平安時代から近世まで神仏習合の信仰が行われていました。


平家物語7巻「竹生島詣」 
平家が北陸の木曽義仲を倒すために北国へ下向しました。その途中で、平経正(つねまさ)が竹生島に行ったことが記されています。

 ある朝、平経正が、琵琶湖のほとりに出て、遥か沖に見える島を見渡しました。経正は、供をしていた藤兵衛尉有教を呼び、「あれはなんという島だ」と問いました。有教の答えは「あれこそ、うわさに聞こえる竹生島です」。経正は、「そうか、そんなこともあるのか。それなら、いざ参ろう」と、有教、安衛門尉・守教以下の侍6人を連れ、小舟に乗り、竹生島へ行きました。

 時候は、卯月(4月)の18日、新緑の梢はまだ春の名残をとどめ、深い谷のうぐいすの声はなくなろうとしていますが、初音がういういしいホトトギスが今を盛りに声を響かせ、藤の花が松の木にからみつき、たいへん趣のある様子でした。

 経正は急ぎ船から降りて、岸に上がりました。竹生島の景色に触れ、心をつまらせ、声を失いました。

※1184年(寿永3年)のことです
経正は、平敦盛の兄、平清盛の甥にあたる。 琵琶の名手で、平経正の塚とされる琵琶塚( 兵庫県神戸市兵庫区)があります。


竹生島の南東部にある船着き場



長浜のここから船は出ます
Img_9711_r

秀吉が造った長浜城が見えます
Img_9714_r


竹生島に到着

Img_9725_r

Img_9730_r


船着き場から急な階段を一気に登っていきます



鳥居の下にある案内板





鳥居からまだ急な階段を登っていきます



やっと宝厳寺弁財天にたどり着きました
なかなか見ごたえのある建物です

Img_9761_r

宝厳寺
2_r

渡り廊下
Img_9793_r

Img_9802_r

4

三重塔
35_1


厳島神社




瓦投げ
宮崎鳥居の両脚の間に瓦を投げることができると龍神様が願いをかなえてくださるそうです。瓦2枚で300円です。
1_r_2

Img_9779_r

_r


琵琶塚(兵庫県神戸市兵庫区)
琵琶の名手であった平経正の塚

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー

紹介ブログ

book