« 箱館戦争2 弁天台場跡 | トップページ | 箱館戦争3 称名寺 »

2019.06.04

本 すごいトシヨリBOOK

筆者は、ドイツ文学者、エッセイストの池内紀(おさむ)氏(1940年 兵庫県出身)

副題は「トシをとると楽しみがふえる」です。

秋が来れば冬が来るそして春、人生の秋が来れば冬になるが決して春は来ない。

鏡に映ったシワだらけの顔が自分で当然心もシワだらけだ。

病気になって始めて健康のありがたさがわかる。「老いてはじめて若さがわかる」

 

Img_0515

 

Photo_36

 

 

« 箱館戦争2 弁天台場跡 | トップページ | 箱館戦争3 称名寺 »

コメント

しずかさん


仕事してるひ人は時間がないので本読む時間ないでしょう。
それでも明智光秀読んでおられるのは、さすが秀才ですね。感想教えてください。

私は、今回の入院で時間が出来たので読み出しました。いままでほとんど読んだことなかったです。
今は、「海賊とよばれた男」百田尚樹著です。読み応えあります。

私は深夜に寝て、朝6時起きですが、仕事に入るまで、雑用に追われ、なかなか読書の時間を確保できなくなっています。
でも、ほんの合間でも読むようにと、どこへ行くにも本を持ち歩いてはいます。今は明智本を読んでいます😊

シネマさん

4時に起きるシネマさんなら読む時間ありますよ。
読みやすい本ですぐに読みおわります。
なにか役に立つひとことあると思いますよ。
アルコールは大好きなようで特にワイン党らしいです。

読んでみたいかも!

今老眼で、字が見えません>_<

仕事中はルーペ使ってますが、支障がは

んぱない!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱館戦争2 弁天台場跡 | トップページ | 箱館戦争3 称名寺 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー

紹介ブログ