« 京都 高瀬川沿い史跡5 佐久間象山 大村益次郎 | トップページ | 京都 高瀬川沿い史跡7 本間遭難地 古高邸跡 »

2018.09.05

京都 高瀬川沿い史跡6 武市瑞山と吉村寅太郎の寓居跡

幕末に活躍した志士:武市瑞山(半平太)と吉村寅太郎の寓居跡を紹介します。

武市瑞山6と吉村寅太郎7
京都市中京区木屋町通三条上る東側
4


武市瑞山寓居跡
28
半平太とも言い、1860年に土佐勤王党を結成して、尊王攘夷に導きました。藩主:山内容堂が土佐勤王党を粛清したため投獄され、1865(慶応元)年に切腹しました。(享年37歳)



吉村寅太郎寓居跡
武市瑞山の隣に住んでいました
Photo_2
土佐の庄屋の生まれで、武市半平太に影響され、尊譲倒幕活動に加わりました。1863年大和国(奈良県)で天誅組を組織して倒幕の兵を立ち上げましたが、幕府軍の攻撃を受けて戦死しました。(享年27歳)

クリック拡大
8



吉村寅太郎墓(霊山護国神社墓)
4_2


天誅組合祀墓(てんちゅうぐみごうしぼ)
4_3




« 京都 高瀬川沿い史跡5 佐久間象山 大村益次郎 | トップページ | 京都 高瀬川沿い史跡7 本間遭難地 古高邸跡 »

歴史史跡」カテゴリの記事

コメント

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

幕末の志士たちは、世を変えると意気込んでいました。

それだけに歳は若いです。

龍馬も慎太郎も若くて亡くなりました。

合掌。

37歳って一番いいときなのに、残念ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 高瀬川沿い史跡6 武市瑞山と吉村寅太郎の寓居跡:

« 京都 高瀬川沿い史跡5 佐久間象山 大村益次郎 | トップページ | 京都 高瀬川沿い史跡7 本間遭難地 古高邸跡 »

2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

カテゴリー