« 男はつらいよロケ地  兵庫県龍野市 | トップページ | 神戸が最初8 インスタントコーヒー »

2017.12.04

神戸が最初7 ジャズ

アメリカでジャズのレコードが発売された数年後、1923年(大正12年)、神戸市内のホテルで、宝塚歌劇団のオーケストラでバイオリン奏者だった井田一郎が4人編成のジャズバンド「ラフィング・スターズ」を結成したのが日本初のプロのジャズバンド誕生といわれています。
 
当初のジャズはダンスミュージックと考えられており、ダンスホールで踊るための音楽でした。

ズのレコードが発売された数年後、1923年(大正12年)、神戸市内のホテルで、宝塚歌劇団のオーケストラでバイオリン奏者だった井田一郎が4人編成のジャズバンド「ラフィング・スターズ」を結成したのが日本初のプロのジャズバンド誕生といわれています。
 
当初のジャズはダンスミュージックと考えられており、ダンスホールで踊るための音楽でした。アメリカでジャズのレコードが発売された数年後、1923年(大正12年)、神戸市内のホテルで、宝塚歌劇団のオーケストラでバイオリン奏者だった井田一郎が4人編成のジャズバンド「ラフィング・スターズ」を結成したのが日本初のプロのジャズバンド誕生といわれています。
 
当初のジャズはダンスミュージックと考えられており、ダンスホールで踊るための音楽でした。アメリカでジャズレコードが発売された数年後の1923(大正12)年、神戸市内のホテルで、宝塚歌劇団の一員だった井田一郎氏が日本初のプロジャズバンドを結成し、演奏が行われました。

そして、毎年10月に「神戸ジャズストリート」が行われ、神戸の街にジャズが満ち溢れるようになりました。

(参考資料:神戸なるほど歴史館)

Jazz_2




本格的なジャズが広がる

 

時は流れて戦後、アメリカ進駐軍などの影響もあり、神戸のジャズはより本格的に。やがて三宮や元町の山手にジャズクラブが誕生します。ホテルや外国人クラブが主だったジャズの演奏が徐々に市民に広がっていくことに。現在も毎日ジャズセッションが行われているジャズクラブが北野界隈にたくさんあります。
 
世界には、いろいろなジャンルのジャズがありますが、神戸のジャズは「スウィング」が主流。古き良き時代のジャズを楽しむことができます。

 

ミュージシャンもお客さんも一緒に

 

ジャズクラブは決して敷居の高い場所ではありません。リズムに合わせて体をスウィングさせたり、自分の好きな曲をリクエストしたり、時にはバンドに飛び入り参加したり!?自分の心地よい聴き方が一番。
 
また、毎年10月には「神戸ジャズストリート」も。こちらは神戸北野坂・異人館街に点在するライブハウスや教会などめぐりながら「ジャズのはしご」を楽しむイベント。オープニングのパレードはジャズのメッカであるニューオーリンズのようだとか。ミュージシャンもお客さんも一体となって楽しむジャズはいまも神戸のまちに息づいています。

 

 

 

本格的なジャズが広がる

 

時は流れて戦後、アメリカ進駐軍などの影響もあり、神戸のジャズはより本格的に。やがて三宮や元町の山手にジャズクラブが誕生します。ホテルや外国人クラブが主だったジャズの演奏が徐々に市民に広がっていくことに。現在も毎日ジャズセッションが行われているジャズクラブが北野界隈にたくさんあります。
 
世界には、いろいろなジャンルのジャズがありますが、神戸のジャズは「スウィング」が主流。古き良き時代のジャズを楽しむことができます。

 

ミュージシャンもお客さんも一緒に

 

ジャズクラブは決して敷居の高い場所ではありません。リズムに合わせて体をスウィングさせたり、自分の好きな曲をリクエストしたり、時にはバンドに飛び入り参加したり!?自分の心地よい聴き方が一番。
 
また、毎年10月には「神戸ジャズストリート」も。こちらは神戸北野坂・異人館街に点在するライブハウスや教会などめぐりながら「ジャズのはしご」を楽しむイベント。オープニングのパレードはジャズのメッカであるニューオーリンズのようだとか。ミュージシャンもお客さんも一体となって楽しむジャズはいまも神戸のまちに息づいています。

 

 

 

時は流れて戦後、アメリカ進駐軍などの影響もあり、神戸のジャズはより本格的に。やがて三宮や元町の山手にジャズクラブが誕生します。ホテルや外国人クラブが主だったジャズの演奏が徐々に市民に広がっていくことに。現在も毎日ジャズセッションが行われているジャズクラブが北野界隈にたくさんあります。
 
世界には、いろいろなジャンルのジャズがありますが、神戸のジャズは「スウィング」が主流。古き良き時代のジャズを楽しむことができます。

ミュージシャンもお客さんも一緒に

ジャズクラブは決して敷居の高い場所ではありません。リズムに合わせて体をスウィングさせたり、自分の好きな曲をリクエストしたり、時にはバンドに飛び入り参加したり!?自分の心地よい聴き方が一番。
 
また、毎年10月には「神戸ジャズストリート」も。こちらは神戸北野坂・異人館街に点在するライブハウスや教会などめぐりながら「ジャズのはしご」を楽しむイベント。オープニングのパレードはジャズのメッカであるニューオーリンズのようだとか。ミュージシャンもお客さんも一体となって楽しむジャズはいまも神戸のまちに息づいています。

 

« 男はつらいよロケ地  兵庫県龍野市 | トップページ | 神戸が最初8 インスタントコーヒー »

コメント

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

今年で開港150年になります。
その時から日本は、外国との交流をはじめましたので
色んなものが入ってきました。
そんなところから舶来物が多いです。
ぜに神戸にきてください。


神戸が発祥というのがいかに多いかわかりますね。
時代の先端をいく街らしく、いつ訪ねても魅力を感じます。
しばらく行っていないので、また遊びに行きたいです😊

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/66120594

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸が最初7 ジャズ:

« 男はつらいよロケ地  兵庫県龍野市 | トップページ | 神戸が最初8 インスタントコーヒー »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー

紹介ブログ

book