« 神戸が最初6 映画 | トップページ | 神戸が最初7 ジャズ »

2017.12.02

男はつらいよロケ地  兵庫県龍野市

「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」(17作)は、兵庫県龍野市で多くの場面が撮られています。
ストリーは、寅さんが飲み屋で貧乏人風の老人の世話をして、とらやに連れてかえるがその人は日本画の大家:青観(宇野重吉)であることが分かる。そして、寅さんの旅先:龍野で青観と出会い、市長の接待を受ける。マドンナ:龍野芸者ぼたん役:大地喜和子さん

 

たつのは、龍野城下町として栄え、薄口醤油ヒガシマルの本店があって、童謡「赤とんぼ」の作詞者:三木露風の生誕地でもあります。昔の雰囲気がそのまま残り、播磨の小京都と言われています。

 

1672(寛文12)年に信州飯田より脇坂安政(やすまさ)が入府して以来、明治のはじめまで脇坂藩として続きました。脇坂家先祖には、賤ヶ獄七本槍で有名な脇坂神内安治がいます。

龍野城
4


4_2


Photo_2


城下町の雰囲気が多く残っています

如来寺
映画の一コマにでてきます
14


殿さま:脇坂のお屋敷
お城のすぐ横にあります、映画に出てきます
4_4


雰囲気のある家がいたるところにあります

4_5


Photo_3 Photo_4


昔のままの通り、路地です
3


2


4_6  6

1








たつの市絵図(クリック拡大)
800

 

タイトルの「夕焼け 小焼け」は三木露風の作品
3_2

三木露風の生家(お城の前にあります)
4_8





関西で有名な東丸のうすくち醤油の資料館があります

Photo




うすくち龍野醤油資料館
昔はここで製造していました

Photo

 

Photo_5

Photo_6


龍野名産には、薄口醤油とそうめん「揖保乃糸(いぼ)」があります。

たつの市地図 こちらから

« 神戸が最初6 映画 | トップページ | 神戸が最初7 ジャズ »

コメント

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

龍野は本当に静かで昔の城下町雰囲気が残っていていいところです。
男はつらいよの山田監督のお気に入りのようで2回も登場しました。

人影がないとのこと、もう一度見てみると誰もいないですね。
チョット不気味な感じがします。観光客でも来ないと人の気配がしないですね。

龍野城下町は風情があって良いところですね。
人の姿が映っていませんが、京都のように混雑していないのも
魅力ですね。
散策するのに面白そう!

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

幸せになれるものがあっていいですね。

私は、風邪が直ってくれたら幸せです。

もう1週間も風邪状態です。

今日は鋼の錬金術師観ます!

映画とワインがあればしあわせ~~~!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/66076509

この記事へのトラックバック一覧です: 男はつらいよロケ地  兵庫県龍野市:

« 神戸が最初6 映画 | トップページ | 神戸が最初7 ジャズ »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー

紹介ブログ

book