« 丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ 和歌山県) | トップページ

2017.05.09

慈尊院(女人高野 和歌山県)

この寺は、弘法大師が816(公仁7)年に高野山を開いたときに、高野山の表玄関として創建して、高野山の庶務を司る場所としました。

高野山へ続く道の道標として、109Mごとに180の町石を建てました。その一番最初の町石がこの地にあります。

弘法大師の母親が、息子に会いたくて、香川県善通寺から出てこられましたが、当時の高野山は女人禁制でしたので、この慈尊院で暮らしておられました。弘法大師は月に9度、母親に会いに来られたので、この地を9度山と名付けられました。

祈願堂と大日塔
_r_2


_r_4

慈尊院境内図(クリック拡大)


Photo

弥勒堂
_r

Photo_3


弥勒堂

弥勒菩薩と弘法大師の御母像が安置されています。
_r_3




Photo_2


境内
_r_2_2


乳房の絵馬
女人高野と言われており、子授け、授乳、良縁などを願って、乳房型の絵馬を奉納する女性が多く参拝されます。
4


有吉佐和子著「紀の川」に乳房型の絵馬について書かれています。
(クリック拡大)
Photo_4

大日塔
大日如来が祀られています。弘法大師創立、現在の塔は1624~1643年に再建された塔です。
Photo_5


弘法太子堂
Photo_4


Photo_5



鬼子母神堂
Photo_10


Photo_11


_r_4



ゴンの碑
空海を高野山に案内した犬を記念して、後に慈尊院に飼われていた和歌山犬をモデルに碑が建てられました。
29_r



築地塀
_r_2

築地塀↑(クリック拡大)
Photo_6
北門↓

_r_3


訪ねたのは桜満開の頃でした
Photo_7


下乗石(げじょういし 北門横にあります)
ここから先は、馬、駕籠などから降りなさいと言う目印で、この石は「下」の文字は見えますが、「乗石」の文字は埋まっているか折れて無くなったかです。
Photo_8

Photo_9




和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832

« 丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ 和歌山県) | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

母親以外・・・・・・・

あまり想像を広げていくのは、下衆の勘繰りでしょう。
弘法大師様ですから。

>もしかして、母親以外・・・・・・・・・・・・

ありえる(笑)(笑)(笑)

めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

母親に月に9回も会いに下山していたのが九度山のいわれらしいですが、
出家の身で、月に9回は多くないですか。

もしかして、母親以外・・・・・・・・・・・・。

>弘法大師は月に9度、母親に会いに来られたので、この地を9度山と名付けられました

そうだったんですか!
だから「九度山」なのですね。

真田幸村も知ってたかな~~~(笑)

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

ここは、内容の豊富なお寺でした。

女人高野の言葉は知っていましたが、
今回行って、その中身を知ることができました。

歴史を感じる場所でした。

↑のコメント 「しずか」です😄

慈尊院も見るべきものが多く、短時間で境内をまわるのが大変でした。
またいつかゆっくり見たいお寺のひとつです。

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

あまり知識なくこのお寺に行き、乳房絵馬が
いっぱいかかっているの見てドッキリしました。
説明読んでやっと納得です。

女性の方は、一度はお参りしたい所でしょう。

乳房の絵馬、かわいいですね~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/65247495

この記事へのトラックバック一覧です: 慈尊院(女人高野 和歌山県):

« 丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ 和歌山県) | トップページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー