« 根来寺とさくら(和歌山県) | トップページ | 丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ 和歌山県) »

2017.04.15

粉河寺と桜(和歌山県)

粉河寺は、奈良時代末の770(宝亀元)年の開創です。
1585(天正13)年に豊臣秀吉によって多くの堂塔伽藍、寺宝が焼かれました。
江戸時代になって、紀州徳川家の庇護と信徒の寄進によって諸堂が完成しました。
 
当寺所有の「粉河寺縁起」(国宝)には、開創について二つの説話が語られています。
 
1)紀伊の国の猟師:大伴孔子古が山中で光るものをみつけ、そこに庵を建てました。それが粉河寺のはじまりです。その家に童行者が訪ねてきて泊めてくれと言いました。泊めてもらったお礼にと7日かけて千手観音の像を刻んでおいて行きました。孔子古は、その金色の像を見て、観音を信仰するようになりました。
 
2)河内国の長者:佐太夫の娘は重い病気にかかっていました。そこへ童行者が先手千眼阿羅尼を称えて祈祷すると娘の病は全快しました。お礼の品を差し出すが受け取らず、「私は、紀伊国那賀郡におります」と言って立ち去りました。後に長者一家が那賀郡を訪ねると小さな庵に先手観音像が立っていましたので、あの行者が観音の化身であったことが分かりその場で出家して粉河寺の繁栄に尽くしました。


粉河寺はについては、清少納言の枕草子や多くの本に記述があります。それから推測すると平安時代中期・10世紀には観音霊場として有名であったことがわかります。



大門
4_r

仁王像
Photo   Photo_2


大門裏側
ちょうど桜が満開です。(4月6日)
1_r


クリック拡大
8

大門を入った所で満開の桜が迎えてくれました
7_r


境内案内図(クリック拡大)
8_3





童男堂
千手千眼観世音が姿を変えられて童男が祀られています
24

 

16_r


出現池
千手観音の化身:童男行者がこの池から出現したと伝えられています。
17_r


18_r


2


Photo_4





念仏堂
22_r

 

阿弥陀如来坐像
1_r_3


_edited1


太子堂(聖徳太子をお祀りしています)
27_r


_r_3





中門
1_r_4


35_r



18  18_2


本堂
1_r_8


51_r


3_r


69_r

クリック拡大
Photo_5




牧水歌碑(若山)
遍路の衆の打ち鳴らす
鉦鉦(かねがね)きこゆ 秋の樹の間に
4


芭蕉句碑と丈六堂
「ひとつぬきて うしろのおいぬ ころもがえ」

_r


湯浅桜と六角堂
_r_2

Photo



薬師堂
1_r_6





鐘楼と本堂と桜
64_r

65_r



クスノキ
1_r_7

このクスノキについて、寺伝によれば770年頃の記述があります
Photo_5





1_r


たのもしの宮(産土神社)
1_r_2


Photo_3

Photo_2



桃山時代の石庭
4_r


1_r_3


_r



1_r_4


御神木
和歌山県下3番目の大木で、紀伊風土記に「境内に噂の大木あり」と書かれています。
22


Photo_4


_r_2



和歌山県紀の川市粉河2787



« 根来寺とさくら(和歌山県) | トップページ | 丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ 和歌山県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今は、東京ですか。神出鬼没とはこのようなことを言うのでしょう。若いギャルは体力がありますね。

粉河寺は、なかなか見ごたえのある寺でした。行った時も桜満開でよかったです。

しかし、こんな辺鄙なお寺まで関心があるなんてすごいです。
私は、友人に連れていってもらいました。

こんにちは!

東京からコメント入れます。


このお寺、高野山の帰りに寄ろうと思ったのですが、時間が合わず諦めました。
ラメールさんの記事を読んで、再び行きたくなっています。
桜の季節がいいですね!

めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

20年前にもう行かれていましたか。
桜満開の時期なら今回私が行ったのと同じころです。
この風景は、何百年も変わらず、多くの参拝客を
迎えているのでしょう。

ここ行かれるのにけっこう時間がかかったでしょう。

粉河寺は西国33カ所のひとつなので、20年くらい前に父母と行きました。
ちょうどその時も桜の満開の時だったので、大変印象に残っています。
本当に桜が美しいお寺だと思いました。

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

さくら見物とお酒は、友達です。

さくらも散り始めました。

道路いっぱいに花びらの絨毯です。

次の楽しみは、ゴールデンウイークですね。

桜きれいですね~~cherryblossom

昨日も記憶が飛ぶぐらい飲んでしまいました~

アルチューおっさんです~

まっいいか~!!winebottle

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/65140354

この記事へのトラックバック一覧です: 粉河寺と桜(和歌山県):

« 根来寺とさくら(和歌山県) | トップページ | 丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ 和歌山県) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー