« 相生市PRブロガーツアー2/3 牡蛎食べ放題 お土産  | トップページ | 根来寺とさくら(和歌山県) »

2017.03.31

相生市PRブロガーツアー3/3 羅漢の石仏

羅漢の里は相生駅から約10K北に行ったところにあります。
ここは、感状山城跡、羅漢石仏などの史跡や自然公園内にキャンプ場、アスレチック場、創造作業場、刀鍛冶の作業場などファミリーで楽しんでいただける施設があります。


瓜生羅漢の石仏
●この石仏は、作者制作年代は不明ですが、朝鮮の僧:恵便、恵聰一行がここに隠れ住み、後世の人々に仏縁を結ぼうとしてつくったと言われています。
●また、この地域は、建武年間(1334年頃)、赤松氏の居城であった「感状山城からめ手の間道にあたり、戦国武士の霊を弔うための供養仏とも言われています。

二つの説がありますが、どちらとも言えません。


岩窟は、幅7.7M、高さ5M、奥行き4Mの中に石仏が並んでいます。
29_r

釈迦三尊の石仏を中心に十六羅漢が安置されています。


左からの写真
28_r


右からの写真
44_r



(クリック拡大)
Photo_3



石仏の前に「安産杉」があります
47_r


46_r


羅漢石仏に行くには、渓谷の中の谷川をのぼって、石段を登り、巨岩トンネルをくぐりぬけてゆきます。

瓜生羅漢渓(クリック拡大)
Photo_4


3_r


5_r


17_r


18_r


24_r


25_r


233


3


ここにもど根性大根のだいちゃんがいます

_r


感状山城登り口
今回はお城には、登らず、左の石仏さんへあと150M
62_r


(クリック拡大)
Photo_2



鍛刀場
73_r

7219_r  6319


69_r


ごっつんこ
Photo_5


供養塔
Photo_6



羅漢の里:兵庫県相生市矢野町瓜生字羅漢口28番地



相生PRブロガーツアーの記事は、今回で終わりです。
 
相生が一番盛り上がるのは、5月28日(日)のペーロン祭りです。
ぜひお祭りに参加して相生を楽しんでください。
ペーロン祭りについては こちらから



|

« 相生市PRブロガーツアー2/3 牡蛎食べ放題 お土産  | トップページ | 根来寺とさくら(和歌山県) »

コメント

しずかさん
訪問とコメントありがとうございます。

相生ブロガーツアーへの訪問ありがとう。

目玉は、やっぱり牡蛎食べ放題でした。
こんなにいっぱい牡蛎が食べれるなんて太っ腹企画
でした。
牡蛎に、1年、2年、3年牡蛎とあるのを初めて知りました。

投稿: ラメール | 2017.04.04 01:48

ここは団体だから行けそうなところですね。
個人では恐そうで行けません。

ど根性大ちゃん、どこにでも登場するのですね(笑)
宣伝効果バッチリ😄

投稿: しずか | 2017.04.03 23:07

めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

石仏さんは、今回は、大勢で行ったのでなんとも思わなかったですが、
一人で行くと気味が悪いようなところにあります。

投稿: ラメール | 2017.04.02 02:25

石仏の写真は、なんか霊が漂っている雰囲気がありますね。
一人で行くのは、ちょっと怖いような・・

結構な距離を歩いたようですね。
大丈夫でしたか?
牡蠣をたらふく食べたから大丈夫・・なるほど(笑)

投稿: めりい | 2017.04.01 21:15

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

ここ羅漢の里には、パンを造る所もあるようです。

今回は、見学していません。

大ちゃん、相生を盛り上げるために色んな所に
出没して、大忙しです。

投稿: ラメール | 2017.03.31 12:38

だいちゃん、かわいい~お手伝いしてるんですね!note

投稿: シネマ大好き娘 | 2017.03.31 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/65068244

この記事へのトラックバック一覧です: 相生市PRブロガーツアー3/3 羅漢の石仏:

« 相生市PRブロガーツアー2/3 牡蛎食べ放題 お土産  | トップページ | 根来寺とさくら(和歌山県) »