« インドの法道仙人が開いたお寺(1)    一乗寺(兵庫県) | トップページ | インドの法道仙人が開いたお寺(3)    清水寺(兵庫県) »

2017.03.11

インドの法道仙人が開いたお寺(2)    朝光寺(兵庫県)

 伝承によると、朝光寺(ちょうこうじ)の創建は飛鳥時代の651(白雉2)年、インドの仙人である法道(ほうどう)が開いたとされています。
日本で最初に開いた寺院である一乗寺に居を構えていた折、東の山に光が昇るのを毎朝見た法道は、その山を訪れ、住吉明神の化身と出会い、そこに寺院を開いたのが朝光寺の始まりであるといわれています。

中世の大規模仏堂が建っていて、それは中世折衷様仏堂の代表例として、国宝に指定されています。 

お寺のある場所は、播磨灘に注ぐ加古川の中流域にそびえる三草山の南の鹿野川(ろくやかわ)沿いの谷間に建っています。この辺りは、平安時代末期の1184(寿永3)年に源義経(よしつね)が平資盛(たいらのすけもり)を夜襲で破った「三草山の戦い」の舞台です。



本堂

7_r_2


10_r


11_r


8_r

Photo


山門

35_r

21_r

20_r



多宝塔
25_r


鐘楼

26_r

8



兵庫県加東市社町畑609

« インドの法道仙人が開いたお寺(1)    一乗寺(兵庫県) | トップページ | インドの法道仙人が開いたお寺(3)    清水寺(兵庫県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

山奥にあるお寺ですので、昔の雰囲気がそのまま残っています。
仁王さんの赤色はわかりませんが塗料がはげて赤がのこったのでしょうか。

こちらのお寺も歴史を感じさせる建築物ですね。

仁王像のところどころが赤いのは何でしょう?

まるで血のようですね(゚Д゚)

シネマさん
訪問とコメントありがとうございます。

インド人嘘つかないは、私の頭の中にもあります。
TVPRの中にでも出てきたのでしょうか。

カレー10倍はすごいですね。
私は、この頃は辛いのがまったくダメになってきました。
ココイチのカレーは甘めの小を注文します。
これは、年齢と関係あるようです。
激辛カレーとアルコール瀑飲とは関係ないでしょう?????
winewinewinewinewine[E:wine

インド人は嘘つかないって、ほんまですか?!

昨日は2次会でインドのカレーやさんにいきました~

一番辛い10倍制覇~ワインがすすみました~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/64995300

この記事へのトラックバック一覧です: インドの法道仙人が開いたお寺(2)    朝光寺(兵庫県):

« インドの法道仙人が開いたお寺(1)    一乗寺(兵庫県) | トップページ | インドの法道仙人が開いたお寺(3)    清水寺(兵庫県) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー