« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016.09.15

明石海峡大橋体験ツアー(ブリッジワールド)

2005年4月実施の記事です


世界最長の明石海峡大橋主塔の海面より289mの位置
にある展望台まで登るツアーに参加した記録です。

4月28日(木)快晴
4回目の応募でやっと念願の明石海峡大橋の
主塔に登る申込が許可されました。



《地図》
JR舞子駅に9:40着、ここから約5分で明石海峡大橋です。

   

集合場所の「橋の科学館」に到着。受付で参加料2100円を払って2階へ

   

指定された席に登頂用道具と誓約書が置いて有り誓約書にサインする。
(・自ら2K以上の歩行ができ、階段の昇降ができます。
・高所、閉所恐怖症ではありません。・飲酒をしていませんなど)
参加者は29名(女性:17名 男性:12名です。)) ほとんどが中高年者です。
10時、挨拶で始まり、10分ほどの橋の出来るまでのVTRで説明を聞く。

   

橋の科学館で橋の構造やどのように組み立てたかの説明を聞く。
世界最長の吊橋と高さでギネスブックに認定されています。



いよいよ橋に登ります。

   

この通路を通って神戸側の主塔まで960M、通路からは下に海が見えます。 当初の計画では、この通路のある部分に新幹線が通れるように計画されて いました。現在は、工事用のトラックが通れるようになっており、淡路島に送る 水道菅や光ファイバーが通っています。

   

主塔に登るエレベーターのある場所まできました。アンカレイジから960M,海上から67Mの所にあります。ここからエレベーターで約2分で海上から289Mの頂上に昇ります。

距離説明

見た感じより実際は距離があります

   

ここが主塔の頂上、海面より289Mの場所です。
東京タワー(333M)の特別展望台(250M)より高い所です。



南側の淡路島を見る



北側の神戸方面を見る

   

帰りに展望レストランで一休み。(橋の護岸から海上に突き出たところにあります)


最後に認定書をいただいて終了です、12:20分解散
この企画はH16年から始まって2年目、予約が一杯でなかなか思う日に取れません。

橋の科学館   本州四国連絡高速道路(株)    ブリッジワールド公式HP

(2005年4月実施の記事です)

2016.09.07

明石海峡 和歌・歌・詩

明石海峡、大橋、神戸・明石・淡路島に関係のある
歌・詩・和歌を掲載しています。

Photo_6
明石海峡大橋と淡路島   (地図
(アジュール舞子から)


『荒磯越す 波をかしこみ 淡路島 見ずや過ぎなむ ここだ近きを』
(万葉集)
〔素晴らしい景観の明石海峡を見ないで通り過ぎるのは残念である〕

明石海峡大橋の建設で、海峡の素晴らしい風景が損なわれることを心配して、 海底トンネル案が検討されました。この素晴らしい景観を見ることは、
飛鳥時代からの日本人の悲願であったことが、歌にも残っています。
昔は、危険な場所で、海岸から離れた山の中の古山陽道を通ったようです。



万葉集:飛鳥の歌人:柿本人麻呂の歌
『ともし火の 明石の大門(おおと)に 入らむ日や 漕ぎ分かれなむ 家のあたり見ず』

〔九州に赴任する時、明石海峡に船が入って故郷の大和の家の方が見えなくなった〕


『天さかる 夷(ひな)の長道(ながじ)ゆ 恋ひ来れば 明石の大門より 大和嶋見ゆ』
〔西国からの長い瀬戸内海の船旅も、明石海峡を乗り切ると大和の生駒山も見えてくる〕

万葉集か古今集か?人麻呂か小野篁(おののたかむら)の歌か?
『ほのぼのと 明石の浦の 朝霧の 島がくれゆく 舟をしぞ思う』



S4


第2次世界大戦の1945年(昭和20年)5月頃には、明石海峡は、機雷が投下され鋼鉄船の航行は不能になり、淡路島の岩屋~明石間の定期便:播淡連絡船は運行を中止する。
同年の12月9日、岩屋を出帆した30トンの木造船「せきれい丸」は、定員の3倍以上の344名を乗せ岩屋と明石の中間点に来た時、西波を受け転覆、全員が明石海峡に投げ出され、 助かったのはわずか40名、304名の犠牲者をだしました。


◆≪参考資料≫川口 陽之(きよし)氏著 「明石のくに」「垂水郷土史」

Photo

 

明石海峡 歌:水森かおり

あれは塩屋か 須磨の灯か 

私を呼ぶよに 揺れている

風がひゅるひゅる 泣く夜は 

ぬくもり欲しいと 海の泣く

命の綱のこの恋を 

待って背伸びの 待って背伸びの 

明石海峡

クリック拡大
8_2

 

明石海峡   歌:多岐川 舞子

明石海峡  今日も日が暮れて

はぐれ鴎が  ピョロと啼いた

俺を待つなと  言うのなら

なんで教えた  この胸の

切なさ消せない  舞子のおんな

Photo_2

 



明石海峡大橋
  歌・歌詞 京光恵

この橋渡れば あなたが待っている

さざ波まぶしい 瀬戸の海

心をつなぐ 二人の架け橋

早く会いたい 早く会いたい その胸に

明石海峡大橋 願い橋



Photo_2



 

そして神戸  歌:前川 清

神戸 泣いてどうなるのか 

捨てられた我身が みじめになるだけ

神戸 船の灯うつす 

濁り水の中に 靴を投げ落とす

そしてひとつが 終わり そしてひとつが 生まれ

夢の続き 見せてくれる 相手 捜すのよ

24

 

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー