« 北京旅行3 故宮博物館(紫禁城) | トップページ | 北京の旅5 頤和園 食事  »

2016.01.13

北京の旅4 天壇公園 明城壁

天壇公園(てんだんこうえん)
故宮の約3倍(283万㎡)の広大な公園で、明代の1420年に永楽帝が天地を祀る大祈殿を創建したのがはじまりで、後に祈年殿に改名、このときに宮殿を増築、天壇は皇室最大の祭壇となりました。清代に落雷によって焼失したため、1896年に光緒帝によって再建されました。
祈年殿は、皇帝が五穀豊穣を祈願した祈りの場所です。

 

祈年殿
8_r


625
高さ38mの木造建築で釘は一本も使われていません。



5_r
内部 4本の柱は四季を表しています



9_r


結婚式の記念写真撮影中
4_r

 

明城壁
北京中心部に位置し、北京内城の壁です。建設されたのは、明代の1419年(永楽17)、高さ:11mで、全長は約40kありましたが、ほとんどが壊され、今ではその一部が残っているだけです。
3_r


4_r_2


500年以上の歴史をもつ櫓
2_r


明城壁入口
1_r



オリンピック公園:鳥の巣
2_r_2



朝のラッシュアワーの渋滞
トヨタも日産もホンダも走っていますが、圧倒的に多いのがフォルクスワーゲンです。おんぼろ車はありません。
_r

 

コンビニです
2_r_3

 

お土産の押し売りがまとわりついてくることはありません
1_r_2







« 北京旅行3 故宮博物館(紫禁城) | トップページ | 北京の旅5 頤和園 食事  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

中国の看板は、英語より意味がわかります。
そんなに近い国なのに、なかなか仲がよくなりません。

日本に大きな影響を与えた中国の歴史には、
圧倒されるものがあります。

独特な雰囲気のする建造物ですね。

コンビニが「便利店」という表記がそのまんまで
笑ってしまいました(^_^;)

めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

中国は、日本に一番影響を与えた国です。
そんな国の歴史に興味があって、又、経済が飛躍的に進歩していますので、
そんな中国が見たくて行ってきました。
経済の発展は、驚くべきものです。
中国がアメリカと対等な関係に持っていこうとしているのがわかります。

一党独裁の国、このまま進んでいくのでしょうか。

中国旅行は、人気がありません。

コメントが遅くなって申し訳ありません。
そうそう、北京に行かれたのでしたね。

天安門広場、故宮博物館・・
テレビで見たことはありますが、未だ行ったことがありません。
いつか行ってみたいと思っています。

それまでに、朝のラッシュアワーを解決して欲しいわ(笑)

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

中国の自転車通勤は、20年ほど前のものです。
北京では、通勤は東京以上に張り巡らされた地下鉄と
自動車です。
おんぼろ自動車は走っていません。

昔の貧しい中国ではありません。

中国は自転車のイメージでしたが、車なんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/63052455

この記事へのトラックバック一覧です: 北京の旅4 天壇公園 明城壁:

« 北京旅行3 故宮博物館(紫禁城) | トップページ | 北京の旅5 頤和園 食事  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー