« 子供の頃見た田舎の風景 紅葉 | トップページ | 真田幸村蟄居の地1/4 蓮華定院 »

2015.12.04

子供の頃見た田舎の風景  萱葺き 千年家  農村歌舞伎

萱葺き屋根を見ると昔見た田舎の風景を思い出します。ほとんどなくなってしまいましたが、この辺り(兵庫県神戸市北区)には、けっこう残っていて、「萱葺き屋根巡り」のツアーもあります。
そして、江戸時代に広がった農村歌舞伎の舞台も沢山残っています。

箱木千年家

3_r


1_r

室町時代建立の主屋(「おもや」)、江戸時代建立の「離れ」(「はなれ」)の2棟が建っていて、民家の中で最古のものです。
ダム(つくはら湖)を建設する時に、水没の危機にあい、現在の地に移築されました。

24

R_16

母屋
15_r_2


14_r

床は、今流行りのフローリングです4_r


窓が無いので真っ暗
6_r


9_r


離れ座敷
20_r_2


27_r


29_r



農村歌舞伎舞台
江戸時代に農民の娯楽として行われた、農村歌舞伎や人形浄瑠璃を催すための舞台で、神社の境内にあります。とくにこの辺り(神戸市北区)には、多くの舞台が残っています。

 

北僧尾農村歌舞伎舞台(厳島神社境内)
神戸市北区北僧尾
6_r_2

1_r_2

クリック拡大
5






天津彦神社内の歌舞伎舞台
5_r_2

3_r_2



獅子舞を奉納した厳島神社
1_r_3

3_r_3



南僧尾観音堂
6_r_3

1_r_4



無動寺(萱葺き)
5_r_3

21_r


萱葺き屋根
Img_8748_r



箱木千年家

所在地:神戸市北区山田町衝原字道南1-4

 


スライドショー(3分30秒 ユーチューブ)

「紅葉 農村歌舞伎 萱葺き 千年家

« 子供の頃見た田舎の風景 紅葉 | トップページ | 真田幸村蟄居の地1/4 蓮華定院 »

コメント

四方さん
訪問とコメントありがとうございました。

箱木千年家の記事読ませていただきました。
写真、記事内容とも豊富で、千年家の資料として完璧でした。
よくここまで調べられたと敬服です。

来年の大河が「真田丸」ですので、その史跡に関心があります。
近いうちに高野山の真田家の記事を掲載します。

箱木千年家の記事読ませて頂きました。簡単明瞭で良く理解でsきます。小生の記事は下記です。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/2035.html

真田幸村の記事バックデートで読ませて頂きました。
地図入りで大変わかりやすいです!

箱木千年家はダム建設で水没するので、
移築のさいに解体して、調べたようです。
現在の当主は、51代目です。

千年家と言うだけに、貫録があります。

室町時代に建てられたとは凄いですね。
日本最古の民家ですか、長い月日を耐えてきたのですね。

移築をするにも、その当時の技術や知識を要するので、大変だったでしょうね。

いつまでも大切に保存してほしいものです。

シネマさん&しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

昨日は、大寒波で寒い一日でしたが、今日は、快晴で海も凪いでます。

シネマさん
巨大たぬきの像は、千年家の隣の家の庭に置いてありました。
3メートル以上あるとおもいます。

しずかさん
萱葺きって、心ひかれますね。
神戸北区あたりには、想像以上に残っていました。
そんな場所ですから、江戸時代に広がった農村歌舞伎の
舞台も残っているんでしょう。
でも住んでいる人は、維持がたいへんでしょう。

こんなところが残っているのですか!

これは面白い!

なぜだか私は萱葺きの建物に心惹かれます。

昔住んでいたのか?(^_^;)

農村歌舞伎舞台というのも趣が合っていいですね。

信楽たぬきさん、かわいいですね!lovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/62802978

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃見た田舎の風景  萱葺き 千年家  農村歌舞伎:

« 子供の頃見た田舎の風景 紅葉 | トップページ | 真田幸村蟄居の地1/4 蓮華定院 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー

紹介ブログ

book