« 真田幸村蟄居の地1/4 蓮華定院 | トップページ | 真田幸村蟄居の地3/4 九度山真田庵 »

2015.12.26

真田家累代の墓 高野山

真田家は、幸村の子は居ましたが、真田家を継いだのは、関ヶ原合戦で徳川方についた兄:信之で、途中で養子が入り信之の系統は断絶しましたが家名は引き継がれ、江戸時代を通じて存続し、幕末に幸貫老中となり、明治になってからは新政府側に属して、会津戦争に従軍しています。後に子爵(後に伯爵)家となった。

真田伯爵家の墓(高野山奥の院)54_r

58c_r

武田信玄、勝頼の墓(高野山 奥ノ院)

真田家は、武田信玄、勝頼の家臣でした。20_r

武田信玄と戦った上杉家の墓もあります
26_r


奥ノ院入口
66_r

中の橋
49_r

弘法太子腰掛の石
4_22


司馬遼太郎文学碑
9_r

« 真田幸村蟄居の地1/4 蓮華定院 | トップページ | 真田幸村蟄居の地3/4 九度山真田庵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

めりいさん
訪問とコメントありがとうございました。

昔は、家名を残すのが大切なことのようでした。
養子を迎えて家名を残さないと家が断絶するとなって
たいへんなことだったのでしょう。

今は、家よりも個人を大切にするように変わってきました。

天皇家などは、今後どうなっていくのでしょうか。
女性天皇もいいと思いますが。

真田家は、兄・弟が別れて戦い、兄が残ったのですね。
それも家名を残すための作戦なのでしょうね。

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

戦国時代好きには、たまらないところです。

戦国時代に登場する有名人は、ほとんど埋葬されているのでしょう。
信長も豊臣家も赤穂浪士47士明智光秀石田三成などなど
仏さんになると戦いはなくなるようです。

いろいろあって、歴史好きにはたまらないところなのでしょうね。

広そうなので、自分の見たいところをチェックして回る必要がありそうですね。

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

あったかい沖縄いいですね。
TVで泳いでいるらしいですね。
楽しかったでしょう。

弘法太子の腰掛の石は、六角形の石に囲まれて
いる小さな石がそうです。

クリスマスは沖縄でした~

すごくあたたかったです。

弘法太子の腰掛、おされな形ですね!happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/62927312

この記事へのトラックバック一覧です: 真田家累代の墓 高野山:

« 真田幸村蟄居の地1/4 蓮華定院 | トップページ | 真田幸村蟄居の地3/4 九度山真田庵 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー