« 徳川秀忠本陣 雄勝山(大阪夏の陣11) | トップページ | 安居神社(真田幸村戦死の場所)(大阪夏の陣13/13) »

2015.08.26

一心寺(家康本陣 本多忠朝の墓)(大阪夏の陣12)

大阪冬の陣、夏の陣で徳川家康は、茶臼山の北側にあるこの寺に本陣を置きました。そして、境内の松の姿を讃えて「坂松山」の寺額を贈っています。

※建物の内外や門・鳥居などの高い位置に掲げられる看板であり、書かれている文字はその建物や寺社名であることが多い。
(参考資料:Wikipedia)


一心寺山門

Photo


Photo_10 Photo_11



Photo_9




本堂
Photo_4


本多忠朝の墓(ただとも)
大阪冬の陣の時酒を飲んでいて敗退したため、汚名挽回と夏の陣の天王寺・岡山の戦いで先鋒を務め、毛利勝永軍に正面から突入し、奮戦したが戦死した。死の間際、「戒むべきは酒なり、今後わが墓に詣でる者は、必ず酒嫌いとなるべし」と無念の言葉を残したといわれ、死後「酒封じの神」として知られるようになった。(享年33歳)
Photo_5

酒封じ祈願
Photo_7

 

境内から見えるあべのハルカス
Photo_8



一心寺へに地図は こちらから

« 徳川秀忠本陣 雄勝山(大阪夏の陣11) | トップページ | 安居神社(真田幸村戦死の場所)(大阪夏の陣13/13) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

シネマさん
訪問とコメントありがとうございました。

シネマさんは、アルコールなかったら生けていけない
のでしょう。

本多忠朝は、家康の重臣でありながら、酒飲んで
戦いに送れる大失態をしました。
大失敗しないように心掛けてください。

酒封じられたら、困りますwinebottle

しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

このお寺の山門には驚かされました。
前衛的な門構え、そこに立つ近代的な仁王像、
しかし、お寺の歴史はけっこう古いです。

北には、安居神社、南には茶臼山、
大阪冬の陣と夏の陣では、この辺りの攻防は激しい
ものがあったようです。
来年の大河幸村に出てきそうです。

一心寺は、3~4年前に行ったのですが、美術館のような近代的な建物、変わった仁王像?に驚きました。

境内からあべのハルカスが見えるのですね!

また来年にでも行ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/62159012

この記事へのトラックバック一覧です: 一心寺(家康本陣 本多忠朝の墓)(大阪夏の陣12):

« 徳川秀忠本陣 雄勝山(大阪夏の陣11) | トップページ | 安居神社(真田幸村戦死の場所)(大阪夏の陣13/13) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー