« 城たびブロガー訪問記7 (柏原藩陣屋跡など) | トップページ | 城たびブロガー訪問記9 (春日局の興禅寺) »

2013.12.13

城たびブロガー訪問記8(柏原城下町)

東西400M、南北200Mほどの織田家ゆかりの小さな城下町、細い路地を歩いていると、歴史スポットが点在します。ゆっくり歩いて廻っても3時間くらいでまわれます。天下を目前にした信長の志は、どこにあるのと思いながら、時の流れを感じて散策してみると、麦わら屋根の家が突然出てきたりして、頭の中は江戸時代にタイムスリップしています。


太鼓やぐら(クリック拡大)
江戸時代に建てられた三階建ての櫓です、藩主が参勤交代で江戸から帰られた時や、登城の合図などに打ち鳴らされました。(内部見学は不可です)
800_2

(クリック拡大)
Photo_4


町の真ん中 櫓の上で つつみ太鼓が 昼寝する
野口雨情作 柏原小唄一節です (たいこ櫓の前にあります)
Photo_17  Photo_18





八幡神社
鳥居 本殿 三重塔が縦に並んでいます。
Photo_5

Photo_7

本殿
Photo_19


Photo


三重塔
Photo_11

4_3


八幡神社入り口    階段
Photo_9  Photo_10






丹波市役所柏原支所  前に木の根橋があります。
24




木の根橋 
天然記念物  名前通り木の根っこが橋になっています。 
8


Photo_12




やぐら公園
4_4


Photo_13




町並み
34

麦わら屋根の家が残っています
Photo_14  Photo_15






歴史民族資料館  田ステ女記念館(でんステじょ)入館料 200円 (ブロガーパスで無料入場です)
織田家の資料展示、 俳人田ステ女家の資料展示
4_5


田ステ女像(田ステ女記念館の横にあります)
雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと
315  Photo_16


« 城たびブロガー訪問記7 (柏原藩陣屋跡など) | トップページ | 城たびブロガー訪問記9 (春日局の興禅寺) »

兵庫 ブロガー100人戦国トリップ」カテゴリの記事

コメント

merryさん
コメントありがとう。

木の根橋は、見て驚きました。
本当に根っこが橋になっています。

>「行ってみたい」と思わせる
そう思っていただけると「兵庫 城たびブロガー」の趣旨に
そっているので、柏原のPRになればいいのですが。

木の根っ子の橋というのが面白いですね。
長い歴史を感じます。

ラ・メールさんは、本当にブログを書くのがお上手ですね。

読者に「行ってみたい」と思わせる、魅力的な文章が書かれています。

しずかさん
コメントありがとう。

たいこ櫓は、江戸を感じる柏原のシンボルです。
野口雨情を歌に詠んでいます。

鳥居は木製だったと思います。
ここは、山の上にあるので、あえぎながら登りました。
たぶん、江戸時代もこのようだったと思われます。

太鼓やぐらが良いですね~

八幡神社の鳥居は木製なのですか?

本殿も歴史を感じさせる建物ですね。

シネマさん
コメントありがとう。

麦わら屋根、四国にはないですか。

維持するお金が相当かかるようですね。

シネマさんが、麦わら屋根つきの家建てたら

どうですか。

麦わら屋根の家みてみたいですにゃ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/58730966

この記事へのトラックバック一覧です: 城たびブロガー訪問記8(柏原城下町):

« 城たびブロガー訪問記7 (柏原藩陣屋跡など) | トップページ | 城たびブロガー訪問記9 (春日局の興禅寺) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー