« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013.03.28

明石と宮本武蔵

1617年7月〔元和3年(げんな)〕、小笠原忠真(ただざね)が信州松本から明石に国入りする。義父の姫路城主本多忠政と相談し人丸山に新城を築く。
4_7


その時、町づくりに本多忠政の長男忠刻(千姫の夫)の客臣宮本武蔵が姫路から明石に来て小笠原家の客分となり、明石の町割りをしました。(播州明石記録)

35_3

4_8


お茶屋
Photo_12

Photo_13


大滝
Photo_14

Photo_15


小滝
Photo_16

Photo_17


宮本武蔵
Photo_18


武蔵は、明石滞在中に、自分の剣に「円明流(えんみょう)」という流名をつけています。円明は、月の名所である明石の月からきています。

2013.03.19

明石の名水 亀の水

天文科学館の西に播磨三名水のひとつ「亀の水」があります。長寿の水として今でも多くの人がポリバケツを持って水くみに来られています。手水鉢は、1719年、明石まで犯人を追いかけた飯塚喜兵衛宣政(茨城県の役人)が手柄の恩賞に石の手水鉢を寄進したものです。

4


Photo


Photo_2


Photo_3 4_2


天文科学館(左側に亀の水があります)
4_3

兵庫県明石市人丸町 (地図)

2013.03.15

菅原道真と神戸

菅原道真が九州に流された時、須磨で休憩しました。道真の死後[979年(天元2]、その地に創建されたのが網敷天満宮(つなしき)です。地元では須磨の天神さんと呼ばれ、学業成就、受験合格にご利益があると言われており学生さんが祈願に訪れています。
Photo


Photo_2

兵庫県神戸市須磨区天神町2-1-11 (地図


道真の名前がついた官公橋(JR塩屋駅東)
九州に行く時、明石の駅家(うまや)の駅長が、塩屋まで迎えに来た伝説をもとに、昭和8年にJR線路の上に橋を作った時、「官公橋」と名づけました。左は山陽電車で、右がJRです。海のすぐ近くを通っており、菅原道真の平安時代は、海岸の砂浜を歩いて通ったと思います。
Photo_3


全国の合格祈願に縁のある寺社こちらをクリック

2013.03.02

菅原道真公ゆかりの休天神社(やすみてん 明石市)

学問の神様として知られる菅原道真公に関連した休天神社を紹介します。

901(昌泰4)年、政治改革をしようとした道真は、藤原氏と対立して敗れ、大宰権帥に左遷される。大宰府への旅の途中で、道真公が讃岐守だったときに会った明石の駅長(うまおさ)の出迎えを受けます。
903(延喜3)、大宰府で公が亡くなったということを聞いた明石の駅長が、菅原道真公を祀る祠を建てたのが休天神社の始まりといわれています。江戸時代の1673(延宝4)年、この祠は明石城主・松平信之の手によって神社として祀られるようになりました。(享年58歳)
兵庫県明石市大蔵天神町2-7(地図) Photo


25


Photo_4


Photo_5

塩屋(神戸市)からは明石駅家(うまや)の駅長(うまやのおさ)が案内したことを記した碑が「管公旅次遺跡碑」として建てられました。
駅長そんなに驚くことはないぞ、時勢が変わり今や私が配流の身になって落ちていくことは、春に咲き、秋に落ち葉するように、人の世の栄枯盛衰もまた同じなのだから
太寺2丁目バス停前(地図


4


235

35


学問の神様として受験生が神頼みにお参りしています。

2013.03.01

野良ネコの合コン

ウオーキングしている海岸の日当たりのいいところに野良猫がいつも集まっています。
けっこう太っていますので、食べるのには困ってないみたいです。住宅地まではけっこう離れているのに、どこで食べているのでしょうか。
今日は、4匹ですが、多い時は、6匹くらいが集合しています。
野良ネコの合コンなんでしょうか。なかには、できあがったカップルもいます。

Photo


Photo_2


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー