« デジカメ教室ー編集加工編ー | トップページ | メッセージ豆~その後~ »

2007.11.11

インカ・マヤ・アステカ展:神戸市立博物館

11月7日に神戸市立博物館で開催されている『インカ・マヤ・アステカ展』に行ってきました。
当時、埋葬されたミイラが保存状態よく残っていて展示されていました。エジプトのミイラと違うのは、布で巻かれておらず人そのものが座ったままで埋葬され現在まで残っています。

マヤ文明(まやぶんめい)とは、およそ紀元前1550年頃から紀元後250年頃まで、メキシコ南東部、グアテマラ、ユカタン半島などいわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明である。

アステカとは1325年から1521年まで中米メキシコ中央部に栄えたメソアメリカ文明の王国。現在のメキシコシティーの地下から当時の神殿が発掘された。

インカ帝国は、南アメリカのペルーとボリビア(チチカカ湖周辺)を中心にケチュア族が作った国。13世紀に成立し、16世紀にスペインに侵略されるまで続いた。首都はクスコで、天空都市:マチュピチュは特に有名である。

5
071107

インカ・マヤ・アステカ展へのリンクです


« デジカメ教室ー編集加工編ー | トップページ | メッセージ豆~その後~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

merryさん
訪問とコメントありがとう。

ミイラは、インカ時代のものです。
気候の関係で乾燥しているので腐敗せずに干からびた状態で残っているようです。

アステカの終焉時に信玄が生まれたのですか。
戦国時代の日本とインカ・アステカとは、どちらの文明が進んでいたのでしょうか。

1521年にスペイン人によって滅ぼされてしまった。

ミイラって、マヤ文明の頃のものですか?
布で巻かずに、よくバラバラにならないものですね。

アステカの1521年に、日本では信玄が生まれています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/17037844

この記事へのトラックバック一覧です: インカ・マヤ・アステカ展:神戸市立博物館:

« デジカメ教室ー編集加工編ー | トップページ | メッセージ豆~その後~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー