« Vistaパソコン | トップページ | ミイラと古代エジプト展に行きました »

2007.05.19

シクラメンの最後

一冬咲き続けて楽しませてくれたシクラメンが最後の一輪を咲かせて生涯を閉じようとしています。その一輪も弱弱しく鮮やかな色もなくなりました。人生の最後を見るようです。寒い冬の間華麗に咲き続けてくれたシクラメンよ「おつかれさまでした」

※このまま置いておくと次の冬には咲いてくれるのでしょうか。それとも葬ってやったらいいのでしょうか。
どなたか教えてください。

0516最後の一輪
(5月中旬)

35最盛期のシクラメン(2月ころ)

« Vistaパソコン | トップページ | ミイラと古代エジプト展に行きました »

兵庫 ブロガー100人戦国トリップ」カテゴリの記事

コメント

merryさん
アドバイスありがとう。

シクラメンは、可憐ですが強い花なんですね。
あまり手間をかけずに又花を咲かせてくれるのなら
鉢植えのまま置いておきます。
今年の冬に又花を咲かせてくれることを期待して。

我が家のシクラメンは地植にしています。
だから、冬でも雪をかぶったりしますが、寒さに負けずにまた花を咲かせます。

戦後、女と靴下とシクラメンは強くなりました(笑)

来年まで置いてやってください。

私のシクラメンはまだ10個以上花が咲いています。
しかし、もう蕾は無く今咲いているのが枯れるまでの命です。
(^ラ^)さんのページを見てどうしたらよいものやら・・・と。
ネットで調べたら出ていました。 ご参照あれ!

http://www.d4.dion.ne.jp/~fseguchi/Fcyclame.htm

しずかさん
シクラメンは、アドバイスのようにそのまま置いておきます。
この冬に咲いてくれるとうれしいです。

家のは一年後に見事に復活しましたよ。
一年間、あまり日が当たらない所に
置いておきました。
葬らずにそのまま置いてあげたら
いかがですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/15121476

この記事へのトラックバック一覧です: シクラメンの最後:

» 団塊シニアの希望の未来 [団塊シニアの希望の未来 ]
団塊世代の未来、黄金の十年到来一般的に人口ピラミッドの変化から、日本は急速な高齢化に直面し、大きな不安にとりつかれています。1990年には現役サラリーマン6人で1人の老齢年金受給者を支えていたのが、2020年には2.5人で1人を支えなければならなくなります。一人暮らしの高齢者が増えて、介護のための社会的負担が増大し、若年層の減少によって企業活力が衰退し、日本経済力が弱くなるとも予想されます。どれ一つとってみても、明るい予測はなされてませんし、多くの人々は日本の将来に希望を持つ...... [続きを読む]

« Vistaパソコン | トップページ | ミイラと古代エジプト展に行きました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー