« 青春の時代 | トップページ | WinFixer2005ダウンロード対処の仕方  »

2006.02.03

バレンタインデー

バレンタイン用のチョコレートを買ったと言う記事を読みました。もうそんな時期なのだと思い、そう言えばチョコレートもらったのも遠い昔のことだなと思いながらちょっと思い出を。

働いていた頃、女性も多い職場だったので義理チョコをよくもらいました。もらったら返すのが大変なんですよ。
高いものをもらったらそれなりに返さないといけないとか。こそっと返すとそれが話題になってしまったり。

そこで、バレンタインデーの2日前くらいに私の机の上にダンボールを置いて、ビラをはります。
そこには「○日はバレンタインデーです。義理でもいいから」と大書しておきます。こうしておくと職場の全女性から大きい小さいは別にして全員がダンボール箱に入れてくれました。

barentain


そして翌日、バレンタインチョコのお礼をいいます。「皆さんの素晴らしい愛に包まれて一日を過ごします」
そして2日後、「とても私一人では全員の愛を受け入れることは難しいことに気付きましたので、私の机の前を通った人は自由に食べてください」と言って皆で食べることにしました。

そして、ホワイトデーがきます。当日は特に早く会社に出勤です。
そして、女性、男性関係なく全員に1,000円くらいのお菓子セットを机の上に置きま、
バレンタインのお礼ですと「君と何時までも」を歌いました。

女性が対象の場合、いろいろと気をつかいます。
昔の思い出話でした。

« 青春の時代 | トップページ | WinFixer2005ダウンロード対処の仕方  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あかし焼もイマイチ全国的な知名度はありません。
たこ焼よりふわーっとしたとろけるような美味しさが
あります。

バレンタインに男の子だけチョコをあげるのは不公平なので、ホワイトデーに女の子にクッキーをあげます。結局、全員ですね。(笑)

明石海峡大橋にまた書き込みさせていただきました。
もし、詳細をご存知でしたら、ブログネタにしてください。

やっちゃん&しずかさん
訪問とコメントありがとう。

女性の方も大変面倒なことだと思う人多いでしょうね。
しかし、止めても、渡す人はやっぱり渡すでしょう。
今は、2月の風物詩になっていますね。ただ、男女の
間のことですので、それだけで終わらない場合も
出てきます。不倫関係になる、あの子を贔屓している
等の噂がでると職場の場合は、問題です。
そこで、オープン、公平が基本だと思っています。

しずかさんの場合は、対象が生徒さんですから、
多分、男女問題にまでは発展しないでしょうから
頑張っての励ましの言葉的なチョコの使い方は
もらう生徒さんの励みになるでしょうね。

ラメールさんもやっちゃんさんもバレンタインデーは大変だったのですね。
私は会社勤めではないので、上司関係に気を遣うことがない分、気持ちは楽ですが。
最近は、義理チョコといっても、お歳暮(お中元)>チョコという図式で渡しているように思います。つまり日頃の感謝の気持ちをチョコで返すという軽いプレゼントではないでしょうか。お歳暮では重過ぎる場合、こういう日があるのもいいのかもしれません。私の場合は、生徒に対して「がんばってるね」とか「もっとがんばってね」という気持ちで渡しています。
ご父兄から、お歳暮やお中元をいただくことがあるのですが、私から生徒さんへこういう日を通してお返しをしているつもりです。

おはようございます。 テンプレートが変わりました。
すっきり!!
バレンタインデー・・・での思い出
色々と大変だったのですね。ラメールさんのやり方はオープンでとても良い方法だと思いました。

昔の職場では女子一同で男性社員に義理チョコを買って渡していました。 毎年、当番を決めて買出しに行ったり添付するお手紙を書いたり・・・
「こんな面倒な事は止めようよ」・・と誰かが言い出し始めて義理チョコ渡しは途絶えましたが、個人的にやる人は絶えませんでした。 その為に社内メール担当者はその時期になると職場にそのチョコが入っているだろうメール袋をぶつぶつ言いながら配っておりました。 「ホワイトディ」しかりです。
ラメールさん、しずかさん、一体どのようにお思いですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/8476710

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデー:

» バレンタイン10のお題 [鬼でも負ける宗教勧誘]
 私は白いご飯がなくても生きて行けるけれど、チョコレートなしでは生きて行けない程の「チョコ命」。  よって この企画 に乗っからせて頂きます(笑)。  自分で食べるチョコレートを手に入れるチャンスなのでつ(・∀・)キュンキュン  _ノフ○ アサマシイ…    ...... [続きを読む]

« 青春の時代 | トップページ | WinFixer2005ダウンロード対処の仕方  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー