« 正月3ガ日 | トップページ | 元旦 ライトアップ »

2006.01.05

真犯人はイチロー

古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者・バッター、ライト、イチロー、ピッチャー、
警部補、古畑任三郎」 脚本:三谷幸喜を見ました。

テレビでサスペンス物はほとんど見ませんが、このドラマは真犯人はイチローで
TVに出ると聞いていたのですが、まさか世界のイチローが殺人者で出るわけないと思い野球の場面でチョット顔を出すくらいだろう、最後はどんなどんでん返しが用意されているのかと思って見ました。

ドラマ開始と同時にイチローが登場、そして殺人を犯します。えー本当に殺すのと言うことは、最後はどんな結末だろうと思いドラマに引き込まれていきました。逃げ切れると自信満々の犯人:イチローでしたが、ついに警部補:古畑任三郎
(田村正和)に追い詰められ殺人を認めてしまいます。それでも後3分でどんなドンデン返しがあるのかと思っていましたが私の期待を裏切ってついに刑事に連れていかれTheEnd。やっぱり犯人は世界のイチローでした。

イチローは、クールな犯人役を実に上手く演じ、役者でも十分に通じる所を見せました。

昨日の「土方歳三」も三谷幸喜氏脚本でしたので、連夜氏の脚本のドラマを見ましたが、面白かった。

« 正月3ガ日 | トップページ | 元旦 ライトアップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっちゃん
訪問とコメントありがとう。

風邪気味もチョット直った気分です。
サスペンス物はほとんど見ませんが、今回は「イチローが真犯人」と言うところに引かれて見ました。野球で一流のイチローがどんな演技をするのか、御覧になってください。

刑事コロンボ・・をすっかり真似たこの古畑任三郎は実は余り好きでなく(嫌いなのは田村正和のオーバーなジェスチュアか?)前のシリーズも見たり見なかったりでした。
再放送されるようになってから時々見て面白さを感じるようにはなっていました。
今回放映されるのは知っていましたがイチローのは見てませんでした。

コロンボにしても古畑・・にしても最初から犯人が分っている殺人事件の謎解きが面白いですね。

イチローの分は再放送がある時にでも見たいと思います。

しずかさん
真夜中の訪問とコメントありがとう。

古畑任三郎物は、はじめてでしたが刑事コロンボ風にまず犯人を登場させ、ドラマの展開を楽しませるつくりでした。
イチローが完全な主役の犯人としてドラマが終わるとは最後まで思えませんでした。意外性が見る者を引き込んでいったのでしょう。

全編通じて登場したイチロー、野球選手とは思えない演技でした。

私は見ませんでしたが、たぶんイチローが犯人役で登場ではないかと予想していました。イチローの演技は上手かったのですか。器用な人なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18950/8006207

この記事へのトラックバック一覧です: 真犯人はイチロー:

« 正月3ガ日 | トップページ | 元旦 ライトアップ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

紹介ブログ

book

カテゴリー